英会話スクールなんでもランキング

英会話スクールなんでもランキング

働きながら英語力アップ?勉強に集中する方法まとめ

「効率よく英会話を勉強したい」という人のために、短期間で英語を身につけるための勉強法や集中力を上げるコツを紹介しています。忙しくて時間がないという人のために、身体のリズムに合わせた1日の効率アップ方法もまとめています。

勉強がはかどる!集中力を上げるコツ

脳は気まぐれ!環境を変える

もし英語の勉強に集中できないとしたら、それは「環境」が原因かもしれません。私たちの脳は新しいものが大好きなので、他のものが目に入ったとたんに興味が移ってしまいます。いろんなものが目に入る環境では、集中力が切れやすくなるので注意が必要です。
「勉強しようと思っていたのに、ついマンガを読み始めてしまった」、「インターネットで調べものをしていたけれど、気づいたら動画を見ていた」なんてことにならないためにも、集中できる環境をつくりましょう。

散らかった部屋を整理して気持ちも整頓

新しい刺激に敏感な私たちの脳は、特に目から入る刺激に反応します。勉強に集中していたはずなのに、目に入ったとたんにスマホを操作してしまうのもこれが原因です。「夜は集中できるけど、日中は集中できない…」という人がいるのも、夜は暗くて目に入る刺激が少なく、日中は明るくて目に入る刺激が多いから。同じように部屋が散らかっていると目に入るものが多く、勉強に集中できなくなります。
ですから、部屋を整理整頓して勉強に集中できるようにしましょう。とはいっても、部屋全体を掃除するとなるとなかなか大変なもの。そういう時は、まず机の上だけでも綺麗にすると良いでしょう。机の上だけなら5分もあれば綺麗にできます。目に入る情報が一気に減るので、勉強に集中しやすくなりますよ。

気が散る音をシャットアウト!

私たちの脳は、目に入るものだけでなく、聞こえるものにも敏感に反応。特にとなりの部屋から漏れる話し声やテレビの音、歌詞つきの音楽など、意味のある音が聞こえたとたんに、勉強に集中できなくなります。
そんな時は、気が散る原因音である「ノイズ」をかき消して、脳への余分な刺激をシャットアウトするようと良いでしょう。とはいえ、音は相対的なものなので、音が聞こえなくなれば良いというものではありません。同じ音でも周りがうるさければ小さく聞こえるように、周りの音次第で感じ方が変わります。おすすめは、雨の音やせせらぎの音、波の音などのCDを聞くこと。ノイズが気にならなくなるので勉強に集中できますよ。

英語だけの環境に身を置く

最短ルートで英会話を身に着けたいなら、英語だけの環境に身を置くことをおすすめします。家にこもって勉強するよりも、旅行や語学留学をした方が短期間でグッと話せるようになりますよ。「留学する勇気はない。まずは身近なところから…」という人は、外国人が多いバーや英会話カフェに行ってみることから始めるのもいいでしょう。初心者でも始めやすく、環境が最も整っているのは英会話スクール。
集中力が落ちないよう配慮してテーブルごとに敷居を設けている教室や、英会話だけを集中的にインプットさせるため日本語での会話をNGとしている教室もありますよ。

時間は作るもの!効率よく勉強するための1日の過ごし方

「忙しいから集中して勉強する時間がない」と嘆いている人に朗報! 同じことをしていても、身体のリズムを知っている人といない人とでは、作業効率が違うんです。集中力して勉強できる時間を作るため、生活に余裕を生むためにも、1日の効率を上げる方法をチェックしていきましょう。

自律神経コントロールが集中力を上げるカギ!【朝編】

1日の時間を有効に使えるかどうかは、起床してからの自律神経コントロールにかかっています。睡眠時のリラックスモードをうまく切り替えることで、朝の準備がスムーズになり時間に余裕ができます。集中力も上がるので、朝活がてらスクールに通いたいと考えている人にもピッタリ!次の3つの自律神経コントロール方法を試して、効率よく朝を迎えましょう。

朝日を浴びて「脳を起こす」

朝ダラダラしてしまうのは、睡眠時にリラックスモードになった状態のまま身体が切り替わっていないから。カーテンを開けて朝日を浴びるだけで、緊張感を上げる「交感神経」のモードへ脳が切り替わるので、朝からシャンと動けるようになります。

水1杯飲むだけで「体を起こす」

「目は覚めているのに、体が動かなく起き上がるのに時間がかかってしまう」という人は、コップ1杯の水を飲みましょう。腸を刺激することで血液が循環し、体の細胞全体を活発にさせる効果があります。

朝食で「適度なリラックス」

朝の自律神経はとてもデリケートです。寝坊して焦ったり起きぬけに頭を使いすぎたりすると、ストレスに繋がって仕事の効率が落ちることも。しっかりと食事をとるだけで自律神経を整えられます。適度にリラックスしたベストコンディションになるので、仕事の効率もアップしますよ。
ストレスを減らすためには、朝の準備にかかる時間を把握しておくのもおすすめ。シャワーに何分、メイクに何分、朝食に何分とかかる時間を把握しておけば、焦らずに支度できるので集中力がぐんと上がり作業効率が良くなります。

オフィスやスクールで集中力が下がったときは?【昼編】

12:00~15:00はもっとも集中力が落ちる時間帯。とくにランチを摂った後はリラックス作用のある副交感神経が一気に上がって眠気を誘います。これは集中力が足りないのではなく、身体の中で決まっているリズム。ランチタイム後に効率よく仕事を進めるコツは以下の3つです。

チョコレートやフルーツなどの糖分を摂る

とくにブドウ糖は集中力を高める効果があります。と言っても、食べることに意識が向いてしまっては元も子もないので、摂するならチョコレートひとかけら程度が無難です。

軽い運動で脳を覚醒!

「どうしても頭が回らない!」という時は、階段の上り下りや深呼吸を試してみましょう。ちょっとした運動によって、頭がしっかり働くようになります。

1時間ごとにブレイクタイムを挟む

人の集中力持続時間は大体決まっているため、作業や勉強を無理に続けるのは避けましょう。1時間に1回は仕事から離れてブレイクタイムをとると集中力をキープできますよ。

ダラダラ≠明日のための休息タイム【夜編】

夜の時間を有効活用するために、今までの「ダラダラ時間」に意味をもたせましょう。仕事帰りにあてのない寄り道、長時間のテレビ視聴、ネットサーフィン、友達とメールのやり取り、長風呂など過ごし方は人それぞれです。ひと口にそれらすべてが「無駄」というわけではありません。
過度に制限するとストレスに繋がる可能性もあるので、好きなことはやめなくてOK。「行動に意味をもって過ごすこと」が大切です。

時間を把握する=時短に!

あらかじめ時間を決めておけば、あれもこれもと無駄な行動をしなくなり、結果的に時間を有効に使えます。ネットサーフィンは通勤の電車など移動時間を利用すると◎。お風呂やテレビ視聴の時間など、前もって目安を決めておくのもおすすめです。

明確な行動目的で無駄をカット

テレビ番組を見たり、ネットサーフィンをしたりする前に、知りたい情報を決めておきましょう。ワンクッション「今からする行動は何のために行うのか」を考えるだけで、無駄は自然とカットされます。

余った時間は、より集中力の高い身体をキープするために「休息タイム」を作ると良いでしょう。翌日のことを考えて、自律神経を整えるには就寝の3時間前には夕食を摂っておくのがベスト。就寝までの3時間は瞑想したり、仕事のストレスがある場合は紙に書き出したりして心を落ち着かせる時間にあてましょう。意味もなく「ダラダラ」することは時間の無駄になってしまいますが、「何もしない時間をあえて作る」というのも集中力アップに効果的。ものごとをシンプルに考えられるようになり、頭をすっきりさせることができます。身体のリズムに合わせて一番集中できる状態をキープすることが、時間を有意義に使う秘訣です。

こだわり派のあなたに!目的別おすすめランキング

  • お財布に優しいスクールランキング
  • 早朝・深夜でも通える英会話スクールランキング
  • ビジネス英語に強い英会話スクールランキング
 

コンテンツ一覧

英会話スクールなんでもランキング