英会話スクールなんでもランキング

英会話スクールなんでもランキング

目的で選ぶ英会話スクールランキングBest3

英会話スクールなんでもランキング » 社会人のための英語の勉強方法Navi » 時間がない人のためのTOEIC勉強法

時間がない人のためのTOEIC勉強法

グローバル化が進む現代社会では、英語を使う場面がますます増えています。「自分のスキルを高めたい!」「職場での昇進や今後の転職をモノにしたい」という人は、TOEICで高スコアを出せるレベルの英語力を身につけておくことが大事。しかし、忙しい毎日の中で勉強時間を確保して高得点を取ることはできるのでしょうか?このページでは、忙しい社会人に向けてTOEICを攻略する勉強法をご紹介。多忙な日々でも確実に結果を出せるコツを伝授します。

忙しい毎日の中で学習を続ける方法

仕事や人付き合いに慌ただしい毎日を送る社会人にとって、勉強時間の確保は難しいものでしょう。しかしTOEICで高得点を獲得するには、毎日継続して勉強することがポイント。忙しい毎日の中でも、コツをつかめば高スコアを目指せるのです。ここでは、多忙な人でも今すぐできる学習方法を解説しています。

その1 短時間の勉強を毎日続ける

TOEICは一夜漬けの勉強法では結果を出せない試験。毎日忙しくても、勉強時間を確保することが大切です。通勤時間・昼休み・寝る前のちょっとしたスキマ時間など、どこかで勉強に充てられる時間があるはず。通勤時間は無料のスマホアプリを使ってリスニング、寝る前の30分で公式問題集を解くなどしてスキマ時間を活用しましょう。

その2 1冊の公式問題集をやり込む

忙しい日々の中で学習するには、限られた時間で効率よく勉強することが大事。たくさんの問題集に手を出してやみくもに解くよりも、1つの公式問題集を何度もやり込むほうがスコアアップにつながります。あれこれ手を出し過ぎると問題集を終わらせることに気が向いてしまい、実際の試験で高得点を出せなくなる可能性も。繰り返し取り組むことで、短期間でも自然と出題パターンが身につけられます。

その3 得意なパートを多く勉強する

TOEICのテストは7つのパートに分かれていますが、確実な得点アップを狙うために、解きやすいパートに集中して勉強するのもおすすめです。比較的難易度が低いパート1、2、5に時間を割いて得点源を攻略しましょう。得意なパートができると勉強も楽しくなるため、モチベーションアップにもつながります。

合否で評価される他の試験とは違ってスコアが基準になるTOEICは、高いスコアを取れれば取れるほど得られる評価も上がります。スコアを維持するためには毎日勉強を続けなければいけませんが、長期にわたって勉強していると途中でモチベーションが下がって勉強を投げ出してしまう可能性も。

「忙しくて勉強する時間がない!」と嘆く前に、まずは1日の時間の使い方を振り返る、自分の得意分野を知るところから初めましょう。自分の生活リズムや実力を知ることで継続して勉強が続けやすくなりますよ。

TOEICテストの傾向が分かればスコアが上がる?

TOEICで高得点を出すには、テストの傾向や出題パターンをおさえて解ける問題に確実に答えることが大事。そのためには、テストの構成と問題の形式を把握しておく必要があります。ここでは、TOEICの出題パターンと対策方法をまとめました。あらかじめポイントを絞っておけば高得点に近づけますよ。

まずはテストの構成を知る

TOEICテストは、マークシート形式で出題される全200問を2時間で解く試験です。リスニングとリーディングの2つに分かれていて、リスニングは4パート、リーディングは3パートの合計7つのパートがあります。それぞれ難易度や内容が異なるため、事前に問題の形式を知っておくと優先して解く問題を把握できます。

<リスニング 約45分・100問>

パート 難易度 内容
Part1
(10問)
☆ 4つの選択肢の中から、写真を適切に
描写している適切な答えを選ぶ問題。
Part2
(30問)
☆ 流れてくる発言や質問に対して、3つの
選択肢の中から適切な答えを選ぶ問題。
Part3
(30問)
☆☆ 会話を聞いて3つの設問に答える問題。
Part4
(30問)
☆☆☆ ニュースなどの英文を聞いて、3つの設問に答える問題。

<リーディング 約75分・100問>

パート 難易度 内容
Part5
(40問)
☆ 短文中の空欄に入る適切な語句を、
4つの選択肢の中から選ぶ穴埋め問題。
Part6
(12問)
☆☆ 長文中の3つの空欄に入る適切な語句を、
4つの選択肢の中から選ぶ穴埋め問題。
Part7
(48問)
☆☆☆ 2~5問の設問に文章を読んで答える読解問題。

問題の難易度は、比較的簡単なものから英語力が高レベルの人でも解けない問題まで様々。「テスト中に焦ってしまい、確実に解ける問題を空欄のままにしてしまった…」という失敗をしないためにも、効率的に解くコツを知っておきましょう。以下では、各パートを解く際の攻略テクニックをまとめています。

リスニング

Part1:消去法を活用しよう

不適切な選択肢は、写真と照らし合わせた時点で間違いだと分かるでしょう。あらかじめ×をつけて選択肢を減らしてくおと、解答時間の短縮にもなります。

Part2:最初の1語が正解を左右する!

パート2はすぐ設問の音声が流れるため、集中していないと解答に関わる部分を聞き流してしまう可能性があります。何が問われるかは、最初の1語である「5W1H(Who、When、Where、What、Why、How)」を聞き取れればおおよそ絞り込めるでしょう。メモをしておくと、答えを導ける可能性がグンと上がります。

Part3:あらかじめ設問に目を通しておく

会話が始まる前に設問に目を通しておき、どんな内容が出題されるのかを把握しましょう。設問が会話のどの部分に関わるのかを理解しておけば、答えに関わる内容が流れてきたときに集中して聞くことができます。

Part4:確実に分かるものを優先して解く

リスニングのなかでも長文を聞いて答えるPart4の問題。途中で聞き取れずに焦ってしまっては、確実に答えられる設問も逃してしまいます。全問正解を目指すよりも、分かる問題を確実に答えることが得点アップのポイント。答えやすい設問を優先的に解きましょう。

リーディング

Part5&6:選択肢が似ている問題を先に解く

問題形式が似ているパート5と6は、選択肢を見て解答しやすい問題から先に着手しましょう。空欄の前後を見て解答が分かる設問や選択肢の違いを比較しやすい設問は、解きやすいことがほとんど。時には時間をかけて考えなければ解けない設問を後に回すことも必要ですよ。

Part7:解答を「捨てる」勇気も持とう

最後の難関となる読解問題は、高得点をキープしている人でも間違えやすい難易度。集中力が保てなかったり、残り時間が少なくて焦ったりしやすい問題だと言えます。時間との勝負にもなるこのパートは、解答を「捨てる」選択も必要。すべての設問に目を通した上で、時間が余らない限り分からないものには解答しないという判断もするべきです。

忙しいあなたにオススメ!TOEIC勉強法

「忙しくてなかなか勉強時間が取れない」「仕事で疲れて勉強する気が起きない…」と言って、TOEICの勉強を挫折した経験をもつ人もいるのではないでしょうか。ここでは、TOEICで実際に高スコアを取った女性たちにインタビュー。忙しい毎日の中、実際に行った勉強法を聞いてみました。

【平日は仕事で忙しい!多忙なA子の場合】

通勤中のスキマ時間をフル活用

勉強時間の確保が難しかった平日は、通勤途中のスキマ時間を活用して勉強しました。テキストのCDや英会話アプリを使ってリスニング力を高めたり、英語の本を読んでリーディング力を上げたり。どちらもスマホにデータを入れておけば、重たいテキストを持ち歩かなくても勉強できますよ。

休日に時間をかけて問題集を解く

休日はまとまった勉強時間を確保しやすかったので、集中して公式問題集や模擬試験集を解いていました。問題集選びで重視したポイントは「解説が充実しているか」。問題を解くだけではなく解説を読み込むのもTOEICで高得点を取るためのカギだと聞いたので、間違えた問題は解説を読んで徹底的に復習していました。

【勉強以外のことも大事!欲張りなB子の場合】

平日の夜は短時間でできる勉強法に

スキンケアやボディケアなど美容にも時間を使いたかったので、平日の夜は短時間でできる勉強法を続けていました。10分だけ、30分だけと決めて単語や文法を暗記したり、問題集を1ページだけ解いたり。半身浴をしながらテキストを読んだりもしていました。

集中力が切れたら海外ドラマを鑑賞してリフレッシュ

勉強していると、時には集中力が切れてやる気が出ないときもありました。そんなときは気分転換も兼ねて海外ドラマを字幕で鑑賞。海外ドラマは映画よりも短い時間で鑑賞できるので、勉強の合間のリフレッシュにピッタリでした!

B子おすすめ!リフレッシュに最適な海外ドラマ

「glee(グリー)」

廃部寸前の合唱部を舞台に、個性豊かな仲間たちが全国大会出場を目指す青春ストーリー。日常会話レベルのセリフが多く聞き取りやすい発音のため、リスニングの慣らしに最適です。合間のミュージカルシーンも楽しめます。

「Fuller house(フルハウス)」

世界中で大ヒットしたコメディドラマ「フルハウス」。小さいころからテレビで観ていたという人も多いのではないでしょうか。コミカルに進むストーリーは楽しみながら英語に触れるのにうってつけ。1話あたり約30分と短いところも休憩に向いています。

こだわり派のあなたに!目的別おすすめランキング

  • お財布に優しいスクールランキング
  • 早朝・深夜でも通える英会話スクールランキング
  • ビジネス英語に強い英会話スクールランキング
リンゲージ
リンゲージ
1レッスンあたりの料金
1,450円(40分/税別)~
公式ホームページ
イングリッシュ
ビレッジ
イングリッシュビレッジ
1レッスンあたりの料金
2,000円(40分/税別)~
公式ホームページ
シェーン英会話
シェーン英会話
1レッスンあたりの料金
3,560円(50分/税別)~
公式ホームページ
 
英会話スクールなんでもランキング