英会話スクール
なんでもランキング

英会話スクールなんでもランキング

トライズ

トライズ

1年で英語圏で問題なく生活できるほど英語力が身に付くと評判のトライズ。専任コンサルタントが1人ひとりについて、毎日フォローしてくれるスポーツジムのような英会話スクールです。実際の口コミやスクールの特徴をまとめました。

    トライズに通っているみんなの口コミ

    フォローアップの体制が心強い

    私の目標に合わせたオーダーメイドの英会話学習プログラムを組んでくれるだけでなく、毎日のメールでフォローアップしてくれるので、とても心強いしありがたいなと感じます。最初のうちは毎日3時間の英会話学習は大変でしたが、今では英語に触れていないとなんだか気持ちが落ち着かない人間になりました(笑)。

    嫌でも英語に向き合わなくてはいけない

    専任コンサルタントへ毎日進捗を報告するので、厳しく学習時間の管理がされます。なので、嫌でも毎日英語に向き合わなくてはならない環境にしてくれるのがトライズのポイント。コンサルタントとネイティブ講師の方が個人個人のやる気が出るように先導してくれるので、今までダメだったという方でもきっとモチベーションを維持して続けられると思いますよ。

    三木社長に話を聞いてもらえることもある

    無料の初回カウンセリングのとき、たまたまなんでしょうけどトライズの社長でソフトバンクでも活躍していた三木社長が相談に乗ってくれたんです…!直接話を聞いてもらうことができて、非常にやる気もモチベーションも上がりました…!

    時間をやりくりして楽しく勉強できた

    本当に1日3時間も時間をできるのか、半信半疑ながらも勉強をスタート。仕事や家事、育児と忙しいなかでも時間をやりくりして勉強していく内に、次第に楽しくなっていきました。だいたい半年ぐらいで、英語圏での日常生活に困らない程度までレベルアップ。勉強を続けて良かったです。

    毎日どうやって勉強するかを考えるように

    仕事で英語が必要になりトライズに行くことに。毎日コンサルタントから連絡がもらえ、自己学習を続けることができましたよ。他にもグループレッスンやマンツーマンレッスン、小テストといった「やること」が多く、どうすれば勉強できるかを考えて実行するうち、時間を有効活用する術も学べたと思っています。毎日ちょっとしたハードルをクリアしていくのが楽しかったです。まだまだ、仕事で英語を使う場面は限られていますが、これからも続けて行きます。

    外国の方との会話にすんなり入れた自分に驚き

    トライズで学び始めてしばらく経った頃、外国人の観光客から話しかけられました。その時に、何も疑問に思わず普通に会話が弾み自分でもびっくり。それまでは、外国の方を目にしただけで緊張してしまっていたので、自分の学習成果を感じられましたよ。毎週の会話レッスンを続けたお陰だと思います。

    100万円払って1年で済むならお得

    トライズの料金設定はお世辞にも安いとは言えません。年間100万円以上かかりますからね。しかし、明確に目標を持って取り組めば、効果は高いと思います。毎日英語に触れる機会は自分では作りづらいと思うので。それに、長い目で見れば安いスクールに5年通うよりも、トライズで1年勉強する方が、トータルでは安く済みます。ギュッと濃い短期間で英語を身に付けたい方にすすめたいスクールです!

    繰り返しの学習で身に付ける

    私がおこなっているのは、1本の映画を繰り返し見ながら学習していく方法です。日常的なフレーズや間違いやすい箇所などがわかり「これならすぐに使えそう!」とモチベーションが上がります。スピーキングに関しての知識があればなおさらかもしれませんね。

    料金設定がやっぱり気になる…

    初回のカウンセリングは無料で受けることができます。そこで、どういった目的を持って英語習得を目指すのか、詰めていくかたちです。しかし、外国人講師によるレベルチェックからは有料で料金は5万円。気軽に出せる金額ではないので、もう少し安くならないかな…と料金設定が気になってしまっています。

    マイペースに学習したい人には向いてないかも

    トライズのプログラムは毎日時間を作って英語を学習するかたちです。そのため、「今日はちょっと休みたい」とか「プライベートの予定を優先させたい」といったマイペースに学習したい人には合わないんじゃないかなぁと思います。というか、私にはハードルの高いスクールだと感じました。もりもりやる気があって目標も明確な人向きのところですね。

    1年で確実に英語が身に付く英会話スクール「トライズ」とは?

    英会話スクール「トライズ」トライズは1年で海外赴任レベルの英語が話せるようになるように組まれた英語学習プログラムが特徴です。トライズを運営している株式会社トライオン創業者三木氏の実体験が元になっています。

    三木氏はソフトバンク孫社長の元で働いていたころ、英語を学ばざるを得なくなり、片言レベルから1年で英会話を身に付けました。そのときのカリキュラムを元にしているため、同様の成果が得られるのだそうです。

    しかし、1人きりで1年勉強するのは、モチベーションを維持し続けるのも難しいもの。そこで、トライズでは受講者1人ひとりに専任のコンサルタントが付いてモチベーションの維持やレベルアップを毎日サポートしてくれます。なぜ毎日かというと、トライズの学習時間は年間1000時間。1日で考えると3時間。毎日3時間の学習ができているか、進捗はどうかなどをコンサルタントが徹底管理。1人きりでは難しい英語学習を支えてくれます。

    最後に特筆すべきは料金設定。割引ナシだと月額が10万円にもなります。さらに初期費用として、入会金50,000円に加えコンサルティング料として146,000円が必要です。とても高額に見えますよね。しかし、1年で英語が身に付くと考えれば、安いスクールに長年通い続けるのと同じかそれ以下のコスト。また、キャンペーンや一括払いで料金が割り引かれます。1年という短期間で英語を身に付けたいと考えている方には、ぴったりのスクールなのです。

    トライズの
    公式サイトはこちら

    トライズのおすすめポイント3つ

    徹底した管理によってレベルアップを実感できる

    トライズでは受講者それぞれの英語習得目的に合わせて、コンサルタントが最適なカリキュラムやスケジュールを組んでくれます。毎日の学習を報告すると、決められたカリキュラムをこなせているか、どこか躓いていないかなど、コンサルタントがきちんとフォロー。徹底した管理によって、毎日少しずつレベルアップを実感できます。

    1年という短期間での英語習得を目指す

    年間1000時間を費やさなければ1年で英語習得は難しい、という考えの元カリキュラムを組んでいるトライズ。

    週5時間のスピーキング、10時間のシャドーイング、5.5時間の予習復習、ネイティブ講師との1時間のスカイプレッスン、1時間のグループレッスンをこなし、月に1回の会話能力テスト「Versant(バーサント)」、月2回の小テストで学習成果を見ていきます。

    毎日3時間を1年続けることで、短期間での英語習得が可能になるのです。

    カリキュラムに満足できなければ返金してくれる

    半年または1年間の学費をまとめて払う一括プランの場合、受講開始から30日の間は「全額返金」、途中解約の必要が出た場合残り期間の受講料を返金してくれる「途中解約返金保証」の制度があります。また、1年間のコース修了時に成果が思うように出なかった場合には、無料で受講期間を3か月延長。高額な受講料を支払う不安を解消してくれる保証制度といえますね。

    トライズの
    公式サイトはこちら

    トライズの学習内容

    コンサルティング

    トライズでは、専属コンサルタントによるコンサルティングが受けられます。コンサルティングを担当するのは、英語を極めた日本人コンサルタントの方。自ら努力して英語力を身につけており、TOEICスコア900点や外資系企業勤務といったハイレベルな実績を備えています。

    コース開始前のコンサルティングは、約1~2時間かけて行われます。今までの英語学習の頻度や現在の英語力、目標とする英語レベルなどを聞かれるので、しっかり答えられるようにしておくといいでしょう。

    さらに、ネイティブ講師による英語力のレベルチェックや、英語学習の目的に沿った1年間使用できる教材の選定も実施。レベルチェックでは現在の英語力を分析し、次のレベルに上がるためには何を学べばいいかを見出して、学習プランに導入してくれます。

    ほかに、1日の勉強時間の設定や私生活との調整なども、こと細かく決定。あなたの目標やスケジュールをもとに、マンツーマンレッスンや自己学習を無理なく行えるよう計画を立ててくれます。

    また、コンサルティングをしてくれる機会はこれだけではありません。定期的に学習の進み具合を確認し、モチベーションのキープや学習時間の確保に取り組んでくれるのです。

    自己学習(スピーキング)

    トライズは自分で行う英語学習として、スピーキングの時間を週5時間ほど設けています。そのため、1日1時間を、スピーキングに当てなくてはなりません。

    スピーキングに使う教材は、コンサルタントがあなたの英語学習の目的にかなう英会話フレーズが豊富なものをいくつか提示してくれます。どれもコンサルティングの際にチェックした英語レベルに合わせた教材です。そのため、自分の学習速度だと間に合わないのでは…と心配する必要はありません。

    日本語から英語の変換を素早く行えるようになることを目標に、教材に記されている単語やフレーズ、例文などを覚えていきます。付属のCDがついているものであれば、歩くときや電車に乗っているときなどにCDを聞いて覚えることも可能。

    自宅や通勤中に自習が難しい方は、スクール内に設けられた自習スペースで学習できます。周りには英語を勉強する仲間しかいないので、スピーキングの練習が捗るはずです。

    教材の選択や学習方法のアドバイスなどは専属コンサルタントが行ってくれるため、スピーキングが上達しやすい環境が整っています。1日の学習時間は、専用のアプリで報告が必要です。報告や勉強をさぼっていると、「どうしました?」とコンサルタントから突っ込まれてしまうでしょう。

    自己学習(リスニング)

    トライズのリスニングは、シャドーイングと呼ばれる方法が行われます。シャドーイングとは、聞いた音声をそのまま口に出して言うこと。映像教材を見ながらネイティブの音声を聞き取り、リスニング力を鍛えます。リスニングの自己学習としてトライズが推奨している時間は、週に10時間程度です。

    スピーキングと同じく、リスニングに使用する教材も専属コンサルタントが選定。人によって提示してくれる教材は異なりますが、映画を教材として用いることが多いようです。映画のスピードだとリスニングが危ういような初心者には、入門用の教材を取り入れてくれます。教材にはCDが付いていて、CDの音声が何を言っているか分かるまで聞く練習を行うそうです。

    マスターできれば、映画教材を使ったリスニングを開始します。トライズが用意している映画教材のうち、女性に人気なのが「プラダを着た悪魔」だそうです。映画を見ながら出演者のセリフを同時に読み上げていき、最終的にはセリフを見ずに発音できるような練習を行います。

    出演者が話す英語の表現がすべて英文化されており、聞き逃しやすい表現や使えそうな表現をピックアップすることも可能。この方法で英語のボキャブラリーを増やし、リスニング力を上達させていくのです。

    ネイティブ講師との英会話レッスン

    トライズでは、ネイティブ講師との週1回のグループレッスンと、週2回のオンラインレッスンが受けられます。グループレッスン・オンラインレッスンともレッスン時間は1時間程度です。

    グループレッスンは、トライズの各店舗に通う必要があり、レベル別にクラス分けされています。レッスン前には、講師から送られてきた教材資料の予習が必要です。資料の内容をもとに、講師が質問をして受講者が返答するというディスカッション形式で授業を進めます。

    オンラインレッスンは、Skypeを使ったネイティブ講師とのマンツーマンです。グループレッスンと違い、希望に沿った時間で受けられます。学習内容は、それぞれの学習頻度によって異なるとのこと。

    トライズでのレッスンは、自己学習で学んだ表現や単語を使ってアウトプットを行う場という位置づけです。しかし、担任制が採用されており、一人ひとりの進み具合をきちんと把握しています。グループレッスン講師とオンラインレッスン講師、専属コンサルタントの3者が密に連携することで、受講生に適切なレッスンのフィードバックを返せるのです。

    受講生はフィードバックでもらった指摘を自己の復習に活かすことができ、英語力の向上が期待できます。

    英会話レッスンの予習・復習

    トライズでは、専属コンサルタントにレッスンの予習や復習をサポートしてもらうことで、学習効果を高めています。予習・復習のスケジュールは、一週間に2時間ほど。予習時間の目安は、グループレッスンは1時間、オンラインレッスンだと30分です。

    グループレッスン・オンラインレッスンを受ける前は、「事前に何を話すのか」「どのフレーズを使用するのか」などを考えてから、レッスンを受ける必要があります。そうすることでレッスン時に答えにつまる時間を省け、その分多くの英会話を習得できます。トライズでは、予習はネイティブ講師とのレッスンを充実させるために欠かせないものだと考えられているのです。

    また、レッスンで講師に指摘を受けたフレーズや会話に活かせなかった単語があれば、時間を置かずに復習します。曖昧なままで終わらせず、自分の言葉にできるまで繰り返すことがポイントです。さらに、上手く話せたからとスルーするのではなく、もう一度しっかり復習することで確実なスキルとして身につくような指導もしてくれます。

    コンサルタントとのレッスンの予習・復習は、英会話力を上達させてくれる大切な学習のひとつとして、利用されているのです。

    専属コンサルタントとのプログレスチェック

    トライズで2週間に1回行われるのがプログレスチェックです。通常はスクールで行われますが、都合がつかない場合はSkypeで行えます。

    1年後のゴール設定だけでなく2週間ごとに達成すべき目標を設定し、専属コンサルタントが自己学習(スピーキング・リスニング)の進捗具合を確認。確認方法として小テストが行われ、合格・不合格で判断されます。

    例えば、リスニングの小テストでは専属コンサルタントが実際のシャドーイングをしている様子を見て、できているかどうかをチェック。不合格であれば同じ範囲をもう1回設定してくれますし、合格であっても意識して欲しいところは、具体的にアドバイスしてくれます。

    プログレスチェックでできるのは、これだけではありません。自己学習を行う上での不安や疑問にも親身になって相談に乗ってくれます。受講生のレベルが上がることで、すべて英語でやり取りすることも可能です。

    また、次回のプログレスチェックまでの宿題も、決めてくれます。客観的な自分のレベルを判断した上でサボれない宿題量を設定してくれるため、次回まで気を抜かずに自己学習に取り組めると評判です。プログレスチェックは、トライズで効率よく勉強するためには欠かせない要素だといえます。

    Versant受験によるレベルチェック

    トライズでは、受講者の英語力をはかるために「Verrsant」試験を行っています。国際的な公式英語力判定試験として大手企業でも導入されており、月1回受験が可能。スマホやPCを使って、17分でスピーキング力や発音の流暢さ、文章の語彙力を測定します。

    学習の成果が数字となってあらわれるので、日々の積み重ねが英語力アップに役立っていると実感できます。さらに、モチベーションを保つことにもつながるでしょう。

    Versantの出題数は計63問で、評価項目は文章構文・語彙・流暢さ・発音の4つです。4つの評価項目から総合得点を算出します。総合得点として出るのは20~80点で、45点で英語圏の日常生活に困らないレベル、50点で英語を使って自由に会話できるレベルです。

    トライズでは、94.8%の方がVersantテストを5点以上アップさせていると発表されています。中には、レッスン開始1ヶ月で大幅にスコアを上げた方も。

    受験するためには5,000円の受験料がかかりますが、トライズの受講費の中に含まれているので、受験するたびに費用を支払う必要はありません。成長の記録としてはもちろん、トライズを卒業した後の英語力の証明にも利用できます。

    6ヶ月後の中間コンサルティング

    トライズでは、コース開始前だけでなく6ヶ月にも中間コンサルティングを設けています。専属コンサルタントと面談を行い、Versantの6ヶ月分の成績や6ヶ月での成果・進捗状況をチェック。

    さらに、残りの6ヶ月で最終目標に到達できるよう、コンサルタントと話し合って今後の学習方法を決めていきます。もちろん、学んできた成果がVersantや進捗状況に出ていれば、これまでの学習方法が適用されるでしょう。しかし、停滞していたり後退していたりすれば、新たな教材やレッスンが追加されることも。

    ここで心が折れるかもしれませんが、専属コンサルタントがこれ以降も英語力が上達できるように二人三脚でサポートしてくれます。中間コンサルティングが終わった後も、2週間に1回のプログレスチェックが受けられるので、細かな調整は可能です。

    英会話スクール「トライズ」概要

    初期費用

    入会金 50,000円
    カウンセリング料 146,000円

    レッスン費用

    月額 100,000円(キャンペーンや支払い方法により異なる)

    開校時間

    火水木金 13:00~20:00
    土 10:00~17:30

    所在地

    東京六本木一丁目センター/東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル西館30F
    ※他横浜、大阪にもあり

    こだわり派のあなたに!目的別おすすめランキング

    • お財布に優しいスクールランキング
    • 早朝・深夜でも通える英会話スクールランキング
    • 初心者に優しい英会話スクールランキング
     

    コンテンツ一覧

    英会話スクールなんでもランキング